東京で帰化申請に強い行政書士なら「東京帰化プロ.com」へ(千代田区秋葉原)

東京帰化プロ.com

運営:プロ・ステータス国際行政書士事務所               〒160-0023
東京都 新宿区西新宿 7-2-10
栄立新宿ビル7F

受付時間/Hours 9:00~21:00(定休日なし/No closed SunOn Sunday it is open from 13:00 o'clock

03‐3525-4518

お気軽にお問合せください

この数字は、面接までの目安期間として知っておいた方が良いでしょう。

帰化申請される方が、法務局で帰化申請の受付がされた後にとても気になることは

◆次の面接で呼ばれるまでにどれくらいの期間待てば良いのか?

◆何か準備は必要か?

◆面接までの期間が長くかかると不許可の可能性が高いということか?

等々、不安は付きまといます。

当事務所では皆様の不安を少しでも取り除くため、これまでの実績をもとに細かな統計を取り、申請者の方が他の人達と比べ自分は進み方が早いのか、遅いのか、又それは、どのように捉えれば良いのかをアドバイスしております。

この数字は2018年4月現在で、当事務所にて東京法務局に対し帰化申請を行った直近20名の申請者の方々の帰化申請受付から面接までの期間を集計し、平均の期間を算出したものです。

その結果、平均3.788ヶ月後に面接が行われていました。日数で云うと115日後ということになります。一番早い方で2.5ヶ月、遅い方で5.0ヶ月でした。

因みに5.0ヶ月後に面接が行われた方でも、その後3ヶ月後に許可がされるなど、面接までの期間によって帰化申請の許可の可能性が必ずしも低くなるというものではありません。飽くまでも申請者ごとの状況、例えば、親の離婚歴、兄弟の人数、兄弟の帰化実績、結婚・離婚の回数、子供の人数、事業所得者、経営する会社の数、給与所得者、副業の有無、確定申告状況、勤め先の企業規模、勤務期間、転職回数、在留年数、在留資格の更新歴、在留状況の良好性、引越し回数、納税状況、配偶者の仕事内容、配偶者の納税状況、配偶者所得状況、配偶者の年金加入状態、法令・法律違反歴等々、様々な条件の違いによって変わってきます。その為、面接時に求められる追加の書類も申請者ごとに微妙に違ってきます。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

070-4339-1000

 

tel03-3525-4518  fax03-3525-4519

〒160-0023 東京都新宿田区西新宿7‐2‐10 栄立新宿ビル7F

TOKYO  SHINJUKU KU NISHISHINJUKU 7-2-10

EIRITSU SHINJUKU BLD 7F   

営業時間 Hours​ 9:00~21:00  定休日なし/No closed Sun

E-mail 24 hours ok